読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nerine

"また会う日を楽しみに"

応援スタンス

若手俳優 娘。

 

 

 

結構前に流行ったみたい。

いろんな人の書いた舞台俳優の応援スタンスの記事をみて面白そう!と思ったのでわたしもやることにした。

 

 

 

✩基本情報

10代後半 / 学生 / 都内在住 

 

✩推し

自己紹介には書いてあるのでここでは検索避けも兼ねてフルネームは控えます。

俳優:某オウサム所属の鈴木さん。2.5次元の舞台ばっか出てるのでそういうファンが多いのがあまり気に入らない(そういうこと言うから嫌われる)彼の自分のことを"俳優"ではなく"役者"って言うのがすごくすき。

アイドル:娘。の12期のライトピンク。ビジュアル担当。新曲でセンター務めるのが嬉しくて座間大泣きした。新アー写もセンターで泣いた。おめでとう。

 

 

 

✩好きになる基準

顔が好み

全力で取り組んでいる

余計なことをSNS等で書かない載せない

(正直2人とも一目惚れなのでここが!とかはないかもしれない…)

 

 

✩現場に行く基準

推しが出てる舞台やコンサートは最低でも2~3回は通うことにしてます。初日と千秋楽、たまに中日ですね。作品的に好きであれば回数増やします。でも、ただの学生なので限界はありますけどね。

遠征は、舞台はあんましないかも。コンサートは凱旋で行くくらい。

推し以外の舞台諸々は気になって金銭的余裕があったらちょこっと行くくらいです。

接触とかイベント系は一応行くか〜って感じです。ていうか、推しがいれば基本的に行くわ。ただ、とっても緊張しいなので接触好きだけど苦手です。基本的に敬語。

 

 

✩グッズを買う基準

ブロマイドは鈴木さんの方はビジュアルがよければ友人に無配する時があるので1~3セット買います。それ以外は基本的に1セット買って満足します。

ていうか、正直トレーディング系のせいで全然複数とか買えないです!トレーディング集めたくなるんで意地でも…なので買いすぎます……なにしろどちらも人気な方なので確率が低い上にレートが高いし…

あとのものは気分です。まあ推しがいればほとんど買っちゃうんですけど(笑)

 

 

✩雑誌を買う基準

俳優:表紙とかビジュアルがいい時だけ。でもなんだかんだで買ってるかも。(どっちだよ)先述した通り(ていうか皆さんご存知の通り)所謂2.5次元俳優なので、そういう仕事があるときはほとんど表紙とか載るのでお察し下さい(?)

アイドル:ビジュアル担当なので他メンより誌面掲載回数は多いですが、それでもまあ少ないので基本的に全部買ってます。掲載ページもあまりないので、ファイリングして保管してます。読みながらやるので結構この作業好きです。

 

 

✩手紙/プレゼントについて

手紙は基本的に行く度に入れてます。2枚程度。(1度頭がおかしくなってただひたすら好きなところを書き続けた気持ち悪い手紙を書いたことがあります4枚くらい。ホラーかな。)

使う便箋とかはずっと同じです。書き出しも。個人的にアイドルちゃんに使ってるのがピンクピンクしててとってもかわいくてすきです(小並)

名前のとこはおなまえシール貼ってます。最初は普通に書いてたんですけど、うまく書けないことにイライラしてシールを貼るようになりました。

厨プレは基本的に金券ですかね…アイドルちゃんには化粧品とかヘアバンドとかまあその時々によって変わる。かも。センスがないので…なんとも言えない…

最低でも5000円超えるものにしてます。ていうか、それ以下って厳しいと思うしわたしのこの値段設定も低いって思う人絶対いるよね。

 

 

✩同じ推しの人

鈴木さんはあまりにも茶の間さんが多いので、少し苦手かもしれません。リア恋ではないですヨ。アイドルちゃんの方は特にないです。

どちらにしろ、わたしの中では"お金を出すヲタク"がすきです。仲良くしてほしいと思うときもあれば、特に何も思わない時も。ていうか、お金を使わないで応援なんてできないじゃないですか。よくTwitterのリプライで「行けないけど応援してます><」というのがありますが、行くこっちからしたらお前は頑張ってとお祈りでもして応援するのかと思います。学生とか仕事とか地方とかいろんな理由があるのかもしれないけど、そんなの言い訳にしかならない。そんな言い訳をしても、来ないという事実に変わりはない。

 

 

 

✩ 総合的な応援スタンス

行かないで後悔より行って後悔がいいから、とにかく行く。行きたいなら行く。本当にダメでない限りは行く。推しがみたいから。それだけでわたしは幸せになれるから。

 

 

✩今どのくらい推しの事好き?

これ簡単なようで難しい質問、な気がする。

わたしが言えるのはその界隈で一番すきっ!と堂々と他の人にも言えるくらいには好き。

 

 

 

 

 

こんな感じ…ですかね(?)

やっててとても楽しかったので満足!

 

 

✩おわり✩