読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nerine

"また会う日を楽しみに"

男オタと揉めてる話

 

 

 

8/31、推しの写真集イベントである。

初接触。初イベント。

わたしは何もわからなかった。どうしたらいいのか。

そこで1人の男オタが話しかけてきてくれた。そりゃもう典型的なオタクって感じの。色黒だし歯は黄色いし背は低いし臭い。*1

でもわたしにとってはとてもありがたかった。だって、何もわからないから。教えてくれる人がいてくれてよかった、なんて呑気なことを考えてた。

その人はわたしのクソ整番を2桁前半に変えてくれた。おかげでわたしは前から3列目。見やすかったし推しと目もあった。握手も言いたいことを言えた。

とっても、楽しかった。

 

だから油断をした。

 

待ち構えていたのだ、その男が。わたしは恩がある手前、話しかけられても断れず次の部までお話をした。

いろいろ話すうちに過去のCDを譲るという話になった。わたしはその時危機感を持ってなかったし、時間が迫っていたのもあって、LINEを交換してしまった。

 

それが悪夢の始まり。

 

そこから毎日のように"おはよう" "おやすみ"。

最初は普通に返していたが、段々気持ち悪くなって無視をし始めた。

すると、嫌われてるのかな、何かあったのか、など1日で10件以上くることも。さすがにどうしようもなくて少しずつ、忙しいアピールをしながら返していった。

でもただただ気持ち悪さしかなかった。我慢の限界だった。

 

"もう連絡は取れません。色々教えてくれてありがとうございました。"

 

このLINEでわたしは切ろうと思った。できると思ってた。

 

そんなことはなかった。

 

その後はブチギレられてひたすらLINEを送られてくるわ電話はかかってくるわ。

わたしは切りたい一心で、それに応じた。一々返事をしてしまった。夜中の3時までずっとLINEをしていた。必死だった。

 

でもダメ。全然ダメ。

むしろどんどん怒ってくる。

 

"このままだったら許さないからな"

"ただで済むと思うなよ"

"夜道には気をつけた方がいいかもね"

"俺を怒らせたら何をするかわからないよ"

 

あいつはわたしの住所も名前も知ってる。来ようと思えば来れる距離。

わたしはもう怯えることしかできなくなった。

それが9月の終わりのこと。

 

 

わたしは今、入院したことになってる。LINEを返さなくてもいいように。

でも顔バレをしている手前、現場で鉢合わせしてしまったらどうなるかわからない。だから現場もあいつを見つけたら即逃げるように帰る。いつも1人だから。

でも本心はこんな怯えながら行きたくない。もっと楽しくオタクをしたい。

なんでこうなってしまったのだろう。何を間違えたのだろう。

直接的なことをされていないから警察にも相談できない。親にも言えない。

 

こんなことで、なんて思う人もいるかもしれない。でも実際にこの状況になるとホントに辛いです。

 

誰か助けてください。

 

*1:後でわかったが羽賀のオタクらしい。